プロジェクトNo.8 NPO法人カウンセリング&コミュニケーションμ

「リカバリー・カレッジ-小神明-プロジェクト」で若者の力を引き出す

支えたい・支え合いたい人
不登校などにより、中学校卒業後進学や就職をしないで家にいる若者。
高校入学後、学習や人間関係につまずき中退するなど、所属のない若者。

取り組みたいこと
・若者のストレングスを引き出すためのプログラムの充実
・料理、菜園、物づくり、音楽発表などの支援メニューの充実
・オンラインでの交流会「リカバリー広場」の開催

目指す成果
若者が自身のストレングスに気づき、他者との関係のなかでその力を活かすことで自尊感情が育まれ、自身の目標に向けて行動化すること。

団体からのメッセージ
これまでの支援は、問題や欠陥、病理に着目した支援でした。しかし、これらの支援は、被支援者のポジティブな側面を見失いがちです。また、社会資源を紹介するだけの支援も、被支援者のストレングスを活かしたオーダーメイドの支援が必要な彼らには、フィットしないのです。
本取り組みは、「パーソンセンタード・アプローチ」「ストレングスモデル理論」を基に、被支援者のストレングス(強み)に着目した支援を目指しています。そして、リカバリー・カレッジ-小神明-プロジェクトは、被支援者が他者との関係のなかで自己のストレングスに気づき、それを活かすことで自らの存在を肯定的にと捉え、自らの目標に向かってリカバリーしていくプロセスを支援するものです。

エントリー団体基本情報<準備中> カウンセリング&コミュニケーションμ

→寄付の方法について

2021年10月26日

Copyright© 赤い羽根共同募金 , 2022 All Rights Reserved.