災害支援について

赤い羽根共同募金会では、国内で発生する災害に対して、義援金や被災地でのボランティア活動を支援するための災害準備金など、さまざまな形で災害・被災地支援活動を実施しています。

災害義援金

地震・風水害など、国内で発生する大規模災害時に、「災害義援金」の募集・配分を行います。
共同募金会などの組織を通じて全国から寄せられる義援金は、被災地の「義援金募集・配分委員会」(共同募金会・日本赤十字社・NHK・行政などで組織)で取りまとめ、現地の被災状況をもとに同委員会が公正に配分を行います。

災害準備金

国内の大規模災害に備えるため、都道府県共同募金会では、社会福祉法の定めにより共同募金寄付金の中から「災害準備金」の積み立てを行っています。
災害準備金は、被災者支援のための炊き出し活動をはじめ、災害ボランティアセンターの設置や避難所の乳幼児保育活動など、さまざま活動資金として使われます。

詳しくは、「赤い羽根の災害被災地支援」をご覧ください。

Copyright© 赤い羽根共同募金 , 2020 All Rights Reserved.