群馬県でのつかいみち―社会課題を解決するための活動-

大切な人を亡くした人の心のケア、依存症からの回復、感染症流行等で浮き彫りになった生活課題など、さまざまな社会課題を解決するために、赤い羽根共同募金が応援している活動をご紹介します。

助成先レポート

助成レポート

2020/8/30

コロナ禍でも動じず社会課題に向き合い続ける(子育て支援)

助成事業の概要 特定非営利活動法人Annakaひだまりマルシェは、群馬県西部(西毛)・妙義山を望む安中市松井田町の商店街を拠点に活動しているNPOで、コミュニティカフェ「ひだまりカフェ」を運営しています。 今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での全国一斉休校、その後も続く子育て世帯の不安や苦労に寄り添うために、手作り弁当の販売を通じたコミュニケーションを続けています。また、その中で見えてきた課題を深掘りすべくオンライン・ソーシャルワークも企画しています。 群馬県共同募金会では「赤い羽根 ...

助成レポート

2020/7/8

オンライン支援で見えた“本当の壁”(休校に伴う学習支援活動)

助成事業の概要 特定非営利活動法人国際比較文化研究所が運営する「まなぱる」は、未就学児から高校生までの子に多様な学びと経験の機会を提供する多目的民間教育施設です。今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下の全国一斉休校の際、子どもたちの学びを支えようとオンライン支援を始めました。 群馬県共同募金会では「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」の一環で、この取り組みを支援しています。 子どもたちを取り巻く社会を、より良くしたい。 子どもたちに多様な学びと経験の機会を提供する多目的民 ...

助成レポート

2020/6/18

困窮家庭に向けた食料配付(”持ちつ持たれつ”の循環型支援)

助成事業の概要 特定非営利活動法人 Mam's Style が前橋市青梨子町で運営している親子の居場所「子育てと仕事楽しむママの家」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で、この場所での交流事業は控えていますが、ここを拠点に、生活に困難を抱えたご家庭を支援する取り組みを始めています。群馬県共同募金会では「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」の一環で、この取り組みを支援しています。 今までのつながりを大切に 前橋市青梨子町にある、親子の居場所「子育てと仕事楽しむママの家」。 今 ...

助成レポート

2020/5/22

依存症からの回復を望む人が、孤立せず、地域で暮らし続けるために(通所施設と相談支援)

助成事業の概要 薬物等の依存症者の入寮施設「群馬ダルク」が、通所施設「トゥデイ」を開所するのに合わせて、通所向けプログラムの開発と相談支援の強化を図ることで、依存症の“重症化のスパイラル”を改善する試みを始めました。この企画に対して、群馬県共同募金会では、平成30年度助成から3年間、支援を続けています。 依存症について 日本の依存症患者数は10万人以上、潜在数はその数十倍ともいわれています。 依存症と認識することができず、問題を抱えたまま周囲から孤立してしまう人がたくさんいます。 依存症は「孤独の病気」と ...

全4件中 4件を表示中

2020年7月30日

Copyright© 赤い羽根共同募金 , 2020 All Rights Reserved.