助成レポート 社会課題 障がい児・者支援

【成果報告】ダウン症巡回セミナー(日本ダウン症協会群馬支部)

2022年8月17日

助成先団体からの「成果報告」を掲載します。
詳細は団体が作成した「活動成果報告書」をダウンロードしてご覧ください。

助成概要

助成名 今ある活動を「そだてる」助成
団体名 日本ダウン症協会群馬支部
事業名 ダウン症巡回セミナー
助成額 [2019年] 228,000円
[2020年] 236,000円
[2021年] 370,000円

課題認識・解決の目標
ダウン症の子育てに必要な具体的な情報を得る機会が少ないため、親は専門職の方からの情報や指導に頼って子育てをする傾向にあります。専門職の方に障がいの特性や生活のしづらさが十分に伝わっていないと、本人の発達に繋がるチャンスを逃してしまうというのが現状です。そこで、今まで行ってきた「巡回セミナー」を、親や専門職の方々が障がいの特性や必要な情報を積極的に学ぶための場としてブラッシュアップし、併せてセミナーの講師となる相談員を育成していくことを試みました。
総括
この3年間で巡回セミナーを35回開催しました。以前は会員関係団体(会員の子が通う施設等)での実施がほとんどでしたが、今では半数以上が会員外の団体で実施しています。共同募金会から認められている事業ということで信頼され、専門職の方や医療系大学等での開催件数が増えました。セミナーを実施することで、支援者が、支援する側の困りごとではなく、本人にとって何が必要かを考えるようになったと感じます。
また、研修相談員が研修期間を経て相談員となりました。相談員が増えたことで、今後は支援の現場で実践に役立つアドバイスをしていけたらと思っています。

(詳しくは「成果報告書」をご覧ください。)

団体作成の成果報告書

巡回セミナーの様子

Copyright© 赤い羽根共同募金 , 2022 All Rights Reserved.